耳鳴りで処方される薬は、以下の通りです。 ・抗不安薬 ・抗ヒスタミン薬(第一世代と第二世代に分けられ、第一世代の副作用である眠気を利用して、睡眠改善薬として服用することもあります) ・抗めまい薬 ・抗うつ薬 ・ビタミン剤 ・副腎皮質ホルモン薬 ・末梢血管拡張薬 ・自律神経調整薬 抗不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)薬と抗ヒスタミン薬(症状を抑制するだけで、治療できるわけではありません)には、精神を安定させたり、自律神経を安定させる作用があって、ストレス性の耳鳴りに効果を発揮します。 抗めまい薬には、耳や脳の血液の流れを良くする作用があり、めまい以外に耳鳴りにも効果的です。 抗うつ薬は、やる気が起きない人向けの薬ですが、耳鳴りを解消する働きもあります。 ビタミン剤には、末梢神経の働きを整える作用があって、副腎皮質ホルモン薬は、代謝をUPさせる働きを持っているのです。 末梢血管拡張薬には、血管を拡張させて血液の流れを良くする作用があり、耳の代謝をアップするのに使用されます。 自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)調整薬は、自律神経を改善するのに使用され、耳鳴りにも効果的です。 一般的に、耳鳴りで処方される薬はこのようなものですが、どれが処方されるのかはお医者さんの判断によっても異なりますー